相続税のあれこれ

相続税支払いで得をするためのコツ

相続税支払いで得をするためのコツ

相続税支払いで得をするためのコツ 死亡によって財産を相続したときは、申告をしなければなりません。できれば被相続人の存命中から概算を把握して対策をとっておくのが好ましいです。とりわけ不動産や預貯金を有している人は、もし相続によって子や孫が多額の相続税負担を迫られる事態を想定して、早いうちから対応を検討しておくことが大切です。うまくいけば、相続税を全く支払わないで済むかもしれません。
手法はさまざまあります。年間110万円を超えない範囲で生前に贈与を行えば、相続財産の課税対象を減らすことができるのです。ただし相続発生からさかのぼって3年以内に行った贈与については、これは相続時の課税財産対象として計算することとなります。そのためにもできるだけ早期の段階から計画的に生前贈与を行うことが求められます。生前贈与にあたって注意しなければならないのは、毎年同じ金額を同一の月日に贈与することはしないで、金額を少し変えて、また月日も変えて贈与を行うという点です。周到な準備をすることで相続税の支払いで大きな得ができることにつながります。

相続税について詳しく知らないと損をすることになる

相続税について詳しく知らないと損をすることになる 相続が発生するときには、財産をまるごと相続人が受け継ぐことができるわけではなく、その一部を相続税として納めなければいけません。そのときにうまく対処しなければ相続税で支払う分が多くなって、相続人に残せるものが減って損をすることになります。

例えば、相続税の納付額を抑えたいというときには、生前贈与の特別控除を利用してみたり、土地の評価額を下げることで課税対象額を減らすといった工夫ができます。ただし、あまり節税に励むと、税務署にそれが脱税であるとみなされる危険もあります。それに素人では節税方法もそれほど詳しくは知らないでしょう。相続税を抑えつつ、脱税となることを防ぐためにはそのためのノウハウをしている税理士に相談するのが無難です。納税の期限は相続が開始されてから10ヶ月ということになっています。誰が、何を相続するのかで揉めることもあるので、期限内に上手く節税をするためには、出来るだけ早く税理士に相談をしておくのに越したことはありません。

copyright (C) 2018 相続税のあれこれ. All Reserved.