相続税のあれこれ

最新の相続税情報まとめ

相続税を支払うメリット

相続税を支払うメリット 相続税を支払うメリットというとほとんどの人に奇妙な感じが残るはずです。
それは誰しもができれば相続税は1円でも支払わないで済めば、それに越したことはないとという気持ちがあるからということから来ています。
大事なことは、法律違反にならないで、法に抵触しないで何とか節税できるのであれば、そうしたいという気持ちでいることです。
そうすると例えば土地の相続という場合に土地の形状がいびつであれば、それに見合う軽減措置があるというようなことが分かります。
葬儀にかかった費用も相続税の免除対象になるということもわかるのです。
そうしたことを踏まえた上で、相続税を支払うメリットということをあえて挙げるとすると、追跡調査の可能性が減るということになるということになります。
できれば納める税金を「0」にしたいというのが人情ですから、それに反していくらかでも税金を納めていれば、正直ベースで税申告をしたとみなされるということになるからです。

相続税の支払いに必要な手続きによるデメリット

相続税の支払いに必要な手続きによるデメリット 相続税の対象になる財産の中でも手続きが面倒なのが土地や建物などの不動産です。
特に土地の価格によっては相続人全員で遺産分割協議をして、土地を相続する人を決めたり相続税の支払いや登記の手続きなどをする必要があります。
特にデメリットなのが、土地を相続することで相続税を支払わなければならなくなったときです。
相続した場所にもよりますが、土地の価格の関係上相続税が高額になってしまった場合は、不動産を売却して現金を用意しないといけないケースがあるからです。
また相続に関連する手続きも煩雑で時間がかかってしまうことも考えられます。
自分で行うのが難しい場合は、弁護士や司法書士といった専門家に手続きを代行してもらう必要も出てくるので、さらに必要な経費がかさんでしまって、税金を払うために金策に走らなければならないといったことにもなりかねません。
相続するときには、財産にどれくらいの価値があるのかを事前に調べておくとよいでしょう。

copyright (C) 2018 相続税のあれこれ. All Reserved.