相続税のあれこれ

最新の相続税情報まとめ

ここでは、気になっているけどなかなか周りには聞けない、相続税に関しての情報を掲載しています。
基本的なことから、申告の際にかかる費用、控除のことなど知って得する情報まで幅広くカバーしています。
相続は、突然起こることになるかもしれません。
いざという時に困ってしまわないように知識を付けておけば冷静に対応できますし、後でこうした方が良かったと後悔することも減ると思います。
この情報が困っている皆さんの少しでもお役に立てば幸いです。

相続税控除を受けるために費用はかかる?

相続税控除を受けるために費用はかかる? 相続税には様々な控除制度があります。
まずは配偶者控除です。
これは相続人である配偶者が取得した遺産額が1億6千万円まで、もしくは配偶者の法定相続分相当額を超えていなければ相続税が非課税になる制度です。
その他相続人が20歳未満の未成年である場合や、相続人が障害者である場合にも控除が受けられる場合があります。
この制度を使うには、手続きが必要ですが、こうした手続きにはいくらくらいの費用がかかるのでしょうか。
弁護士事務所によって違いがありますが、相続人が決まっていて争いがなく、相続財産も生前贈与が無いといった簡易な手続きが予想される場合は料金も安く、固定されていることも多いです。
争いなどがあったり、相続財産について調査が必要な場合は、成果に応じて料金が変わってきますのでよく確認しておいた方が良いでしょう。

相続税の費用を軽減させるためのポイントとは

相続税の費用を軽減させるためのポイントとは 人が亡くなるとその遺産を相続することになりますが、相続するためには税金を払う必要があります。
しかし、相続税は対策することによって費用を軽減することができるようになっています。
まず行える相続税対策としてできるのが、配偶者に対する税額軽減という方法です。
配偶者が取得した財産は「相続税の総額×(課税価額の合計額×配偶者の法定相続分)または(配偶者の課税価額)=免除額」という計算式によって金額を免除することができるとされています。
配偶者が被相続人の財産形成に貢献したことから、大幅な減税の対象になります。
ただし、配偶者に相続分が偏りすぎると、配偶者が死亡した時に相続の時の税金が大きくなってしまう可能性があります。
小型規模住宅などは特例があり、、都市部に住宅を持っていたばかりに相続税が高くなってしまうというときに受けられます。
税金を払うために住宅を売らなければならないということを防ぐために、とちんついては特に配慮され軽減措置が取られます。
また、生命保険と退職金は非課税であることを理解しておくことポイントです。
特に生命保険は相続対策として有効な方法で、事前に加入して多くことによって非課税で受け取れる他、他の財産の納税資金を準備するのにも役立ちます。

相続税に関する情報リンク

相続税 申告 報酬

copyright (C) 2018 相続税のあれこれ. All Reserved.